FT0-1.png 三銃士

スポンサーサイト

Posted by マメ子 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓Fun「FTISLANDにファン大興奮」

Posted by マメ子 on 25.2013 FTISLAND 0 comments 0 trackback
サンスポ【韓Fun】様より


★FT史上最多11万人

5人組人気ロックバンド、FTISLANDが7月10,11日の両日、
東京・国立代々木第一体育館で、FT史上最大となる11万人動員の
「FTISLAND Arena Tour2013~FREEDOM~」東京公演を開催した。
黒いツアーTシャツにチームカラーの黄色いマフラータオルを掛けたファンで
満員の会場は開演前から熱気ムンムン。舞台袖からドラムのミンファン(20)が
姿を現すと大歓声が上がり、続いてベースのジェジン(21)、ギターのスンヒョン(20)
ジョンフン(23)が登場し、パワー全開の演奏を始めると、メーンボーカルの
ホンギ(23)が現れ、新アルバム「RATED-FT」(6月12日発売)の収録曲
「Time To」からライブはスタートした。
ホンギが飛び跳ねるように歌うと、メンバーたちも負けじと体を動かし演奏。
ファンは黄色いタオルを振って大興奮。5曲目「TOP SECRET」の前にファンと
掛け声の練習をし、本番の会場全体の掛け声でライブはますますヒートアップした。


★鍼治療とラーメンと

一気に8曲を演奏した後、メンバーたちがあいさつ。ホンギは
「ずっとツアーだったから、ノドの調子が悪かったんだけど、友達に鍼の有名な所を
紹介してもらって、やってみたの。マジで効くよ。やばいくらい」とニッコリ。
そして、「今日も朝、一蘭(のラーメン)、食った。めちゃ太るけど、オレの神様
だから。今日は隣の席がファンで一緒に話しながら食ったの」と話すと、嫉妬めいた
悲鳴が上がった。
また、「So Today…」では、客席をホンギチーム、ジェジンチームと分けて、
“合唱合戦”を繰り広げ、「Flower Rock」では、ツアーお約束の
ファン全員でジャンプも。
目玉は、韓国の有名DJを招いての“FTクラブ”。エレクトロサウンドに
生まれ変わった「ハルカ」、「SATISFACTION」、ミンファンがシンセドラムを叩く
「BARE」で客席を熱くし、FTの新たな可能性を垣間見せた。


★5人の思いを込めて

ライブの終盤、“幸せ”と“セオリー”を合わせた造語の新曲「シアワセオリー」
(7月24日発売、劇場版『トリコ』のエンディング主題歌)を披露する前、
メンバーたちは“シアワセ談義”に花を咲かせた。
映画「フェニックス~約束の歌~」で主演を務めたホンギが「オレにとって幸せは
何だろうって考えてみたの。仲良しの友達とか、ライブするときとか、メンバーと
遊んでいるときとか、笑顔になれるときが幸せなんだって。
幸せはすごく近い距離にあったんだって思った」と静かに話す。
ジョンフンは「このツアーの編曲とか考えてるとき、リーダーとしての責任感を感じた」
ミンファンは「笑うから幸せになれる。いつも笑いましょう」と続けた。
そしてジェジンは「新しい音楽とか取り入れるのは難しいけど、チャレンジして、
いい曲を作ってあげます!」と語り、09年に加入したスンヒョンが「この席は前の
メンバーのものだと思ってました。でも今はもともとオレの席だと思ってます!
ワォー!」と叫び、それぞれの思いをすべて詰め込むかのように、渾身の力を込めて
新曲を披露した。

アンコール2曲目「BARE」では、ホンギが「みんな、女性キーで歌って」と呼びかけ、
お手本にジェジンが仰天のハイトーンボイスを披露して会場を沸かせた。
最後は、「LIFE」でしめくくり、サブステージでメンバーが手をつないでお辞儀をし、
全24曲、自由で熱いライブを終えた。

 (11日の公演より)



あの日のライブをプロがまとめるとこうなるんですね

こういうのを読むと、あの日のいろいろが思い出されますねー





スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://mamemame1011.blog.fc2.com/tb.php/626-4f2949d1

プロフィール

マメ子

Author:マメ子
FTISLAND、韓国ドラマなど
癒しの韓WORLD




『雲が描いた月明かり』監督版
 Blu-ray&DVD発売推進チーム
アメーバ

お知らせ

このブログで使用している動画・画像等の

著作権・肖像権は著作権元に帰属します。

権利を侵害するものではありません。


和訳歌詞の転載はご遠慮下さい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア音楽
45位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。